リテールマーケティング(販売士検定)

平成29年度 施行日一覧(平成29年4月~平成30年3月)

回数 試験日 申込期間 会場
第80回 2~3 平成29年7月8日(土)

窓口

平成29年5月22日(月)

~6月16日(金)

東海市立

商工センター

ネット

平成29年5月22日(月)

~6月18日(日)

第81回 1~3 平成30年2月21日(水)  窓口

平成30年1月4日(木)

~1月26日(金)

 ネット

平成30年1月4日(木)

~1月28日(日)

リテールマーケティング(販売士検定試験)要項

受験資格 学歴、年齢、性別、国籍において制限はありません。
受験料
  • 1級=7,710円(税込み)
  • 2級=5,660円(税込み)
  • 3級=4,120円(税込み)
申込期間 上記施行日一覧を参照
申込手続 所定の申込書に必要事項を記入し、受験料を添えて、東海商工会議所窓口へ直接お申込み下さい。(郵送等不可)
☆1級受験者の方は、顔写真(4.5cm×3.5cm)も持参して下さい。
受験料は、試験中止のとき以外お返ししません。
受付期間:平日(月~金)9時00分~17時00分
各級の
程度
  • 1級
    小売業経営に関する高度な専門知識を身に付け、経営計画の立案や財務予測、販売予測、部下の悩みの解消等の経営管理について適切な判断ができる。
  • 2級
    小売店舗経営の仕組みを理解し、主として小売業の販売技術に関する専門的な知識を身に付け、販売促進の企画ができるとともに、部下の指導・育成ができる。
  • 3級
    小売店舗の基本的な仕組みを理解し、販売員としての基礎的な知識と技術を身に付け、販売業務を行うことができる。
合格基準 ◆採点方法◆
筆記試験については、試験科目ごとに100点満点で採点します。
◆合格の判定◆

      • 1級

(1)筆記試験の得点が平均して70点以上であり、東海商工会議所が適当と認めた方を合格者とします。
ただし、筆記試験について、50点に満たない科目がある場合は、不合格とします。
(2)「科目別合格保留制」の規定による合格基準点は、70点以上とし合格の判定は、前々回あるいは前回の試験において「科目別合格保留制」の措置の適用を受けた科目の合計点と当回の試験において受験した科目の合計点を合わせた総得点をもって行います。

        • 2・3級

筆記試験の得点が平均して70点以上あるものを合格者とします。但し、50点に満たない科目がある場合は、不合格とします。

合格発表 **合格発表はこちらから**
合格の
取り扱い
合格者として認定を受けた方には、合格証書・販売士認定証(カード型)を交付します。
なお、希望者には有料(1級=1,420円、2・3級=360円)で合格章(バッジ)を交付します。
資格の
有効期限
資格の有効期限は、5年です。
資格の
更新
資格を取得した日から起算して5年目の年度に当たる方で資格更新を希望する方は、所定の資格更新講習会又は資格更新通信教育講座を修了することによって、資格の有効期間を更新することができます。
※資格更新手数料は2,060円(税込み)
受験するときに持参するもの (1)受験料並びに身分を証明することができ、氏名・生年月日・顔写真のいずれも確認できるもの。
(例:免許証・パスポート・社員証・学生証等)
(2)筆記用具(HB又はBの鉛筆消しゴムのみとしこれ以外は原則として認めません。)
※ボールペン・万年筆使用不可
(3)そろばん・電卓等の計算用具。但し、電卓は計算機能のみのものに限り、以下の機能がある物は持ち込みできません。
◇印刷(出力)機能
◇メロディー(音の出る)機能
◇プログラム機能
(例:関数電卓等の多機能な電卓、売価計算・原価計算等の公式の記憶機能がある電卓)
◇辞書機能(文字入力を含む)

*合格証明書発行手数料 1,000円(税込み、送料・発送手数料別)

ページ移動